スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑

効率良く暗記するポイント

効率良く暗記するポイント


繰り返すこと


forgettingcurve.png

人は忘れる生き物であると言われます。どんなに頑張って知識を詰め込んでも、1回覚えようとしただけではずっと記憶に留めておくことはほとんどできません。しかし、エビングハウスの忘却曲線によれば何度も繰り返し覚えた記憶は忘れにくくなるそうです。

とにかく数多くこなすしかありません。英単語なら10個を何度も書いてちまちま覚えるくらいなら、100個近くの単語を発音しながらざっと進めて何周もした方が記憶の定着には効果的です。
「1日で2時間覚える」よりも、「毎日5分を1週間」の方が確実に長く覚えることができます。

とっておきの方法があります。それは覚えたい事柄を常に確認できるようにしておくことです。
ノートでも手帳でも構いません。常に持ち歩いて「あれ?」と思った時に確認しましょう。さらに古文の活用表などトイレの壁に貼っておいてもいいですね。僕は化学の精製法をお風呂の壁に貼っていました。
とにかく反復して覚えることがとても大切です。


「音」を取り入れる


何かを覚えようとした時、多くの人は紙に書きなぐって覚えるでしょう。僕もよくそうしています。でもそこでワンポイント付け加えましょう。それが「」です。

英単語なら付属のデータを用いて聴きながら取り組む方がいいです。むしろデータがあるのに使わないのはその教材の50%以上を無駄にしていると言っても過言ではないくらいです。
音を聞きながら覚えることで格段に脳に刻み込まれやすくなります。多くの情報があるほど、脳の記憶の回路が複数形成され記憶に留まりやすくなります。
同様の理由で、自分で音読しながら覚えたり、関連した知識があるほど記憶に定着しやすくなるのです。


睡眠の大切さ


睡眠中に脳で記憶は整理される。つまり、記憶の定着に睡眠は不可欠です。
ですので、寝る直前にその日にやった勉強の内容を軽く思い出すだけでも勉強効果が上がります。もちろん、寝る直前に暗記科目をやるというのも効果的ですね。

逆に、睡眠時間を削ってまで勉強してもたいして覚えていられないので徹夜はおすすめできません。
また日中の眠気で集中力はガタ落ちと悪いことだらけですので、睡眠時間はしっかりと確保しましょう。


関連記事
勉強法 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://benkyouhou104.blog.fc2.com/tb.php/4-41a715ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |


プロフィール

HANZO86

Author:HANZO86
国立医学部医学科に現役合格。現在も医学生です!受験で培った経験をまとめていきたいと思います。

メニュー

効率の良い勉強法Tweetbot

Twitterで定期的に勉強に関するつぶやきを配信しています。Follow me!

検索フォーム

訪問者数

おすすめ教材







ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。