スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑

インターネットを使いこなす

インターネットを使いこなす

今はまさにネットの時代と言えます。当たり前のようにネット上でお金が動き、僕たちは家にいながらワンクリックで欲しいものを手に入れることができるようになりました。これを利用しない手はありません。

受験生にとっては寝耳に水でしょうが、僕はぜひ使いこなせるようになって欲しい。僕自身もネットを使って入手しにくい参考書をいとも簡単に手に入れたし、もし仮に当時の僕がネットを使いこなせていなかったら今、医学部には在籍していないでしょう。それくらいにネットの恩恵は偉大なのです。

a0003_001808.jpg


Amazonやヤフオクで参考書を買う

みなさんご存知のネット通販大手であるAmazon.co.jpYahoo!オークションを利用できるようになりましょう。登録は簡単。欲しいものもすぐに見つかるでしょう。ただこの後に多くの学生がぶつかる問題があります。それは支払方法です。

クレジットカードを持っていない学生には支払いがとても不便に感じられるはずです。そのため、手数料のかかる代金引換は論外だし、かといってコンビニ決済もとても面倒に感じ、それが理由でネット通販を使わないという学生は大勢いるかと思います。しかし、欲しい参考書が手に入らない(もしくは手に入れるまでにとても時間がかかってしまう)のは時間の限られた学生には大きな痛手となります。

そこでクレジットカードと同様に使えて、しかも16歳から持てるデビットカードの登場です。


楽天銀行の口座開設⇒デビットカード


まずはデビットカードのポイントをご説明します。

”クレジットカードと同じように使える”
 ⇒VISAデビットカードならVISAのマークのあるお店なら世界中どこでも使えます!
 ⇒修学旅行で海外に行くことのある学生はとても重宝します!

”銀行口座に入っている額まで支払いできる”
 ⇒普段から大金を持ち歩かなくても、いざという時に支払えます!
 ⇒SuicaやPasmoのクレジットカード版と考えるといいです!

”16歳以上なら誰でも持てる”
 ⇒クレジットカードはいわば"借金"なのに対して、デビットカードは払う瞬間に口座引き落としになりますので、借金扱いではありません。そのため16歳以上なら誰でも持てます!
 ⇒決して危ないものではありません。不安な学生orご父兄のみなさん、ホントに安全です!


そして、このデビットカードを作る際に必要となるのが銀行口座です。
僕は楽天銀行をおすすめしています。ネット銀行なので、登録や申請などは基本的にネット上で何でも済みますし、全国のセブン銀行ATMでお金を入れたり出したりできます。

口座開設後にデビットカードの申請をして完了です!


詳しくは楽天銀行オフィシャルサイトをご覧ください。



※ デビットカードという存在自体があまり知れていないため、もしかしたらご友人やご両親に反対されるかもしれません。僕が高校生の時もデビットカードを持っているのは数人でした。ですが、本当に怪しいものではありません。危険なものでもありません。きちんと公式サイトの説明を読んだり、ネットで調べればすぐにそれが正しいとわかります。知らないからなんとなく恐いという理由だけで避けてしまうのは、とても損をしてしまいますよ!

関連記事
番外編 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://benkyouhou104.blog.fc2.com/tb.php/15-50c3ef20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |


プロフィール

HANZO86

Author:HANZO86
国立医学部医学科に現役合格。現在も医学生です!受験で培った経験をまとめていきたいと思います。

メニュー

効率の良い勉強法Tweetbot

Twitterで定期的に勉強に関するつぶやきを配信しています。Follow me!

検索フォーム

訪問者数

おすすめ教材







ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。